晩酌のお供に、手作りジャーキー

南アメリカの先住民族たちが保存食として作って蓄えていたのが、ジャーキーです。おつまみなどで、多くの人に好まれていますが、ジャーキーは、値段が高いので、毎日の晩酌には、柿の種で十分だと言っている皆さんに、ジャーキーがご自宅で作れる楽しさを知って頂きたいです。材料は簡単です。牛肉のうす切り(もも)とお塩に、お好みでコショウやスパイス、お砂糖などです。塩などの調味料を振るったうす切りの牛肉を、30分ほど寝かせ、あとは、天日に干します。天日に干す時は、お肉が折りたたんだり、重なったりしないように、綺麗に広げ、乾燥して硬くなるまで干します。その後、フライパンなどを使って燻製するだけなのですが、ここまで聞いて、無理だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、1度試してみると、そうでもない事が分かるはずです。天気の良いお陽様がよくあたる日を選ばなくてはなりません。最近では、簡単に干し肉が作る事ができる家電商品が出回っているようです。また、オーブンなどをうまく利用する事でも可能なようですね。ジャーキーの他にも、手作りハムや、ソーセージ、ベーコンなどに挑戦する人も、一部の界隈では増えているようですから、サイト情報などをうまく利用しながら、毎日の晩酌をさらに美味しくしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です