もらいたくないお中元・お歳暮

最近の若い世代の人々は、お中元やお歳暮を贈る習慣がないと言われていますが、いざ貰ってみると、お中元や、お歳暮には、評価の高いもの、低いものがありませんか?例えばですけれど、洗濯洗剤のセットを頂いたとしても、いつも使っているメーカーのものでないので、リサイクルショップに出してしまったり、友人に譲ってしまったり、せっかくの気持ちのこもったお中元、お歳暮は、どうせならば、その人に合ったベストなチョイスであって欲しいと考えています。なかなか頂き物をする時には、こちらの好みを言いにくいものですが、毎年の恒例となっている関係性の深いお相手には、特に気に入っている商品のチョイスを伝えても良いかもしれません。その代りといってはなんですが、一度、気に入っている商品を伝えてしまうと、その銘柄ギフトが、未来永劫続いてしまう可能性もあるので、お中元やお歳暮の好みを伝える事は、コミュニケーションの生き届いた関係性のある間柄に限ると考えておいて下さい。一切、お酒を口にしない人に、ビールセットを贈ってみたり、宗教上、ブタや牛を食べない人に、ロースハムや、ローストビーフの詰まったハム ギフトの詰め合わせを贈ってしまったりする前に、お相手の嗜好をリサーチする事は重要です。常日頃から、好んで食べているものや、常に手にしているような身の回りの品々をチェックしておく事で、お中元や、お歳暮の総評が変わってくるはずです。お中元、お歳暮ランキングなどは、ギフトカタログや、ハム ギフトセット、スィーツセットなどが、常にランキングしているみたいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です