生き残り競争

新たな販売アイテムを開発するのは、生き残りのポイントになるそうです。
他では真似のできない料理、独自の付加価値を盛り込んだ料理。繁盛店にはどちらもあるといえるそうです。
繁盛をしたいと思ったら他社との差別化された商品ラインナップというのは、必須条件であるともいえるそうです。
それは、お歳暮として人気のハムにも言えます。
ただ生き残りというのはどの企業でもやっていると思います。
これに勝っていくには、差別化の上の差別化をしなければならないといいます。
そのためには明確なコンセプトを持つことが重要になってくると思います。
同じ刺し身でも、メニューブックに「刺し身御膳」と書いてあるものと、「漁師のお造り御膳」というメニューがあれば、同じ材料、同じ値段で、お客様はどちらを選ぶかということを考えてみるといいそうです。
「漁師お造り御膳」の方を選ぶお客様が圧倒的に多いそうです。
それは刺し身御膳よりも50円高くても選ばれるコンセプトを持っている名前だそうです。
明確なコンセプトがあれば、名前も強いモノを考えついたりするそうです。
コンセプトがないままアイテムを売り出していると、いずれ真似をされたりコピー商品が出回ったりするようになるそうです。
商品の完成度がせっかく高いのに他店にコピーをされてしまうのは残念だと思います。
ここにコンセプトにあった商品名をつけることで商品は差別化されるそうです。
販売店を成功させるのはとても難しいそうです。
コンセプトを考えずに時代遅れの発想をしていては、他店に負けてしまうといいます。
モノやコトを連想できる名前を思いつくというのも大切だそうです。
新アイテム開発は見た目や中身だけではなく、カタログやサイトに載せる名前が大重要事項だといえるそうです。
コンセプトを押さえて、分かりやすい名前を付けたいものです。
お歳暮として人気のハムも、今やたくさんの企業が売り出していますよね。
いろんな企業に負けない人気のハムのお歳暮を商品化してほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です