差別化が武器になる

経営は儲けなければいけないと思います。
それは、お歳暮として人気のハムの経営だってそうです。
ただ儲けを得るのはとても大変で、毎年、多くの飲食店が潰れたりしているといいます。
お店を出したら存続したいのは当然だと思います。
一方でお客様はお金にシビアになっているといいます。
また競合店が多いと売上も思うように伸びなかったりするかと思います。
競合店を少なくする方法の1つには、独自の商品を持っていればいいということだと思います。
独自の商品をつくるときに考えなければならないことがあるそうです。
商品の付加価値が儲けということになるかと思います。
この新たな付加価値を見つけることができたら、儲けられるということになるそうです。
また、店舗の雰囲気で差別化を図る方法があるかと思います。
それからサービスというのも考えられる一つの方法ではないでしょうか。
従業員の態度の良し悪しが売上につながるのは昔から言われているところだと思います。
繁盛店の条件として従業員の接客態度を洗練された素晴らしいモノにするのはもちろんですが、実は従業員教育というのはとても大変なことで、容易にできることではないそうです。
一番差別化を図れるのは商品自体の差別化だそうです。
料理で競合店に勝てるものを作っていかなくてはいけないと思います。
また、このことを常に考えていかなければならないともいいます。
お客様が求めているものを作ることができたら、それはとても幸せなことだと思います。
ただ商品開発というのは、それだけで連続ドラマができるぐらいたくさんの努力が必要となってくると思います。
ふいに思いついたものが大ヒットしたとしても、その後もずっと考え続けて行かなければならないと思います。
まずはお客様がどのようなものを求めているかを考えるべきだそうです。
お歳暮として人気の商品となっているハムですが、それにあぐらをかかずに日々考え続けることが大切ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です