市場調査は重要

実店舗を構えるタイプのお店は近所の会社の人や住人が来てくれるというのが基本だと思います。
SNSで店の名前の広がりも大きくなっているとはいえ、一時的な流行も魅力ですが、地元に根付くというのもとても安心できるのではないかと思います。
高級店や特殊な料理を出すというのならば、遠くから来てくれるとは思いますが、そうでないならば地元がどのような場所なのかを研究した方がいいようです。
店舗を中心に3キロ範囲が一次商圏として、このエリアは日常的に利用してもらえる範囲だそうです。
5キロ範囲は二次商圏として、この範囲はたまに利用してもらえる範囲だそうです。
10キロ範囲は三時商圏として、稀にしか来てくれない顧客と言えるそうです。
これらの範囲内でも道路や交通事情、ショッピングセンターなどの施設、住宅街やオフィス街と地域条件によって、需要も変わってくるそうです。
一次商圏となると、売上の50%以上を確保できるエリアといえるそうです。
50%以上となると、そこに生活する人々のライフスタイルを考えていかなければならないと思います。
住宅街で若い人で独身が多い地域ならば、安くて美味しいものやひとりでも入れるようなお店、若い人たちの中でもファミリー層が多ければ、ファミレスのような手頃な値段の気軽なお店、家族連れが来ても楽しめるようなお店、熟年や高齢層が多い地域なら、高級店や半たんに安価な店や持ち帰りが可能な店など地域の生活者に合わせるのも大切だと思います。
大型レストラン、特別な料理を出す店、高級店などは、遠くからも来てもらえるように考えていかなければ経営は成り立たないと思います。
小さなお店ならば、集客人数が少なくても良いので狭い範囲の商圏でもやっていけると思います。
実店舗を構えているハムのお店も、店舗を構える上で市場調査を行い、ハムを人気のお歳暮にするための努力をする必要があるのではないでしょうか。
これから、ハムをお歳暮として人気商品として売り出すのであればなおさらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です