差別化は売上アップにつながる

同じことばかりやっていては飽きられてしまうという人もいます。
老舗でも繁盛店と呼ばれるところは看板商品は同じでも、周りに配置する商品を変えたりしているそうです。
ラーメン一筋といっても、お天気によって味の配合を変えたり、季節ごとにサイドメニューを変えたりするそうです。
実はずっと同じものを出していると、お客様は飽きてしまうということがあるそうです。
同じかき氷のお店でも常に商品を開発しているところは繁盛しているようです。
餃子だけを出すお店も中身はいろいろ変えているところもあります。
反対に一品のみというお店もあると思います。
それだけで繁盛しているというのは例外中の例外だそうです。
また、スイーツもひとつがヒットするとどのお店でも出すようになるかと思います。
いちご大福がヒットしたらどの和菓子屋さんでも並ぶようになっています。
一番始めに考えた、元祖とうたっても元祖だから買うというお客様はたくさんいたとしても、それだけで勝負していてはいずれ廃れてしまうといいます。
そのため、元祖と呼ばれるお店でも、他にみかんやぶどうなどいろいろなフルーツを入れた大福を考えたりしているそうです。
季節のメニューをいち早く取り入れるというのも方法だそうです。
また競合店よりも大盛りで提供するというのもアピールポイントだそうです。
そして安さというのも大切なポイントのようです。
他店との差別化できるところはどんどんしていった方がいいと思います。
元祖だったら目立つところに大きく書く、低価格や大容量も商品POPや説明・紹介にどんどん書いておいた方がいいようです。
よそに比べて差別化を売り出しのポイントにしていくことを心がけて欲しいそうです。
目先を変えただけではない目玉商品を作っていきましょう。
人気のハムのお歳暮もいろんなお店が出しているので、そこでも差別化をポイントにしてみるとよいかもしれません。

コメントは受け付けていません。